マダガスカル原産の多肉植物サボテン・ロンボピローサ

マダガスカル原産の多肉植物ロンボピローサ

カランコエ・ロンボピローサ (扇雀)

●マダガスカルの南西部が原産です。小型種で、高さは20センチほどです。灰緑色の葉には、褐色の模様が入ります。葉縁はゆるく波打ちます。葉は簡単に落ち、新しい子株になります。春に、黄色い花を咲かせます。園芸上では、「センジャク(扇雀)」や「ヒメミヤ(姫宮)」と呼ばれます。サボテン

●ベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の常緑多年草で、学名はKalanchoe rhombopilosa。英名はありません。

アトラクティーボでは日本では手に入りにくいサボテン・多肉植物などの珍しい希少種子を栽培生産および販売・通販を行っております。

サボテン・多肉植物の通販・販売 アトラクティーボ


サボテン・多肉植物の通販・販売 アトラクティーボ

マダガスカル原産の多肉植物ロンボピローサ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です